メールマガジン

「世の中は一切皆苦。思い通りにならないときに心を軽くする方法」~みーやのミニ法話2(教西寺 住職・三宅教道)

2020.06.26

三宅教道みやけきようどう

「みーや」は学校の先生をしていたときに、生徒からつけられたあだ名です。お寺で「てらこや」「お泊り会」など、いろいろなところで子どもにおはなししています。

教西寺寺院ページ

世の中は思い通りにならないことばかり

 みなさんこんにちは。まだまだおさまらないコロナの日々に、いかがおごしでしょうか。わたしは、今までと同じ行動をしていても、よりストレスを感じることが多く、しんどいなあと思います。たとえば、近所に買い物に行くにもマスクを用意したり、人と話すときに距離 きよりを気にしたり。今、思い通りにならないことが沢山 たくさんあって、苦しい毎日だと感じています。

 でもよく考えたら、「思い通りにならないこと」って、大きなことから小さなことまで、どうしてもけられないことから自分のわがまままで、ありとあらゆることにあると気づきました。
 ずっとわかくて元気なままでいたいのに、最近さいきん、だんだんと細かいものが見えにくくなり、キズがなおりにくくなってきたと感じます。
 朝、目ざまし時計がったときに、もうちょっとていたい。でも、仕事があるから起きなければならない。そんなことを思うのはしょっちゅうです。
 人に言われた(悪口ではない)ちょっとした一言でも気になりますし、ネットを見ていたら趣味のプラモデルとかあれこれしいと思いますし(でも買えない)、歯みがきは面倒めんどうくさいと思います。

世の中の全ては苦しみ(一切皆苦 いつさいかいく

 釈迦 しやかさまが「世の中の全ては苦しみである」(一切皆苦 いつさいかいく)とおっしゃられたように、あらゆることが苦しみ(=思い通りにならない)ということが、本当にその通りだなと実感しています。

思い通りにならないことをあたりまえにしてしまおう

 私は、この仏教ぶつきようの世界かんにふれて、これを物事の受け止め方の転換 てんかんとできればいいな、と思いました。

 今までのわたしは、

  思い通りになったこと・・・あたりまえ 
  思い通りにならなかったこと・・・しんどい

 のように考えていたから、毎日思い通りにならなくて、しんどい気持ちでした。
 ところが、

  思い通りになったこと・・・ありがたい
  思い通りにならなかったこと・・・あたりまえ

 と考えればどうでしょうか。わたしは、毎日の色々なモヤモヤが、全部あたりまえなんだ、と思ったら、少し心が軽くなりました。

 毎日思い通りにならないことは、そのままです。ですが、「しんどいこと」を「あたりまえのこと」ととらえ直すことによって、考え方感じ方、毎日の生活が少し楽になった気がします。毎日の仏教 ぶつきよう実践 じつせんとして、こんな心の持ち方をしていきたいと思っています。(でも、なかなかできないので、時々思い出して心をそちらに向けたいと思います。)

 梅雨 つゆも一休み。ふと空を見上げると、青い空の中を白い雲が流れていました。雲は風に流され、刻一刻 こくいっこくとかたちをえていきます。晴れたりくもったり雨がったりと、まるで心の中のようです。でもそれが、大空にいたかれた雲にとってのあたりまえ。自然にまかせて心地よさそうです。

お寺画像
愛知県名古屋市昭和区
教西寺きようさいじ
笑顔がつながる 明るい朱色のお寺

寺院ページを見る

シェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
三宅 教道

三宅 教道

浄土真宗本願寺派 教西寺 住職。学生時代からサークル活動でお寺の子ども会を手伝っていました。お寺に戻ってからも、寺子屋、お寺でのお泊り会、影絵劇、小学生のまち探検&中学生の職場体験の受け入れ、PTA会長など、地域の皆さまと共に取り組んでいます。

コメント一覧

  1. 一切皆苦という考え自体は知っていましたが、このタイミングでこの記事に出会えたことでスッと腑に落ちました。
    抜けた常にこの心の持ち方になるのは難しそうですが、悩んだときは思い出したいと思います。良い出会いをありがとうございます。

    1. 「よ」さま、コメントありがとうございます。
      そうですよね。なかなかこの心持ちになるのは難しいですよね。(私自身もそうです。)

      私は、子どもの頃から、心配性でくよくよ悩むことが多かったです。大人になったら楽になるのかなと、なんとなく思っていました。
      しかし、何歳になっても悩みは尽きず、思い通りにならないことばかりです。また、もっと高齢の方ともお話させていただきますが、それぞれに悩みが存在することを聞かせていただくばかりです。
      それならば、一旦悩みは無くならないと認めた上で、うまくつきあっていくしかないのかもしれません。

      私自身、日々の生活の中では、そうは言ってもなかなか記事に書かせていただいたような穏やかな心持ちにはなれません。
      しかし、幸い私はお寺での毎朝のお勤めのように、このことを思いださせていただく機会があります。ゆっくりで良いので、少しずつ心を楽な方に向けていくことができたらいいな、と思っています。

  2. 「一切皆苦」は大好きな言葉で、書かれている説明もスッと染み入りました。
    私は嫌なことがあったりすると、紙に「一切皆苦」「諸行無常」をひたすら書き続けるという人が見たら驚くようなことをしているのですが、実際にそうしていると気持ちが落ち着くのでやっています。
    正式に修行なさっているお坊さんも写経をすると思いますが、どのようなことを考えながら写経に臨んでいますか?(何も考えない?)
    素人の習慣にこのような言葉を使うのも無礼かもしれないとは思っているのですが、生活に良い効果を感じているので意識していることなどあれば教えてほしいです。

    1. 「なり」さま、コメントありがとうございます。
      「一切皆苦」「諸行無常」を書き続けると気持ちが落ち着くとのこと、素晴らしいですね。お教えいただいてありがとうございます。

      人間は「過去」と「未来」のことを考えることに多くの時間を使っており、それがそのまま迷い(苦悩の原因)であると言われることがあります。私自身は全くその通りだと思っており、一日の大部分を「あれを言わなければよかった」などの「過去」の後悔、「次の法話は何を話そう」などの「未来」の不安、に費やしており、なかなか心が落ち着きません。

      そこで、「現在」に集中することができれば、それらの悩みに迷うことがないので、そのようにできればなあ、と思います。
      「写経」はまさに「今」に向き合うこと。「心が落ち着く」という人が多いのもうなずけます。ただ、私自身は、浄土真宗のお寺に生まれ育っておりますので、写経はやったことがありません。浄土真宗の文化の中には写経がありませんので、考えたこともないというのが実情です。最近は、西本願寺からも写経の本が出版されましたので、やってみても良いかなと思います。
      今のところ、私が頭の中の雑念を空にして、「現在」に向き合えるのはプラモデル制作(ガンプラ)、とても面白いマンガ・小説読書、めちゃめちゃ面白いテレビ、「お笑い」などです。(振り返ってみると、時間が経過しています。)「読経」は心を落ち着けることができたりできなかったり。

      意識的に「あまり他ごとを考えないようにしよう」と思うのですが、なかなか難しいです。私は結構くよくよする質で、毎日しんどい思いをしています。
      最近は、「過去」の事実は変わらないので、反省するけどくよくよしない。「未来」の不安はやることはやって、どうしようもないことはしょうがない。と割り切ることで、心を整えていきたいと考えています。なかなかできませんが。

この記事の感想を残しませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント一覧

  1. 一切皆苦という考え自体は知っていましたが、このタイミングでこの記事に出会えたことでスッと腑に落ちました。
    抜けた常にこの心の持ち方になるのは難しそうですが、悩んだときは思い出したいと思います。良い出会いをありがとうございます。

    1. 「よ」さま、コメントありがとうございます。
      そうですよね。なかなかこの心持ちになるのは難しいですよね。(私自身もそうです。)

      私は、子どもの頃から、心配性でくよくよ悩むことが多かったです。大人になったら楽になるのかなと、なんとなく思っていました。
      しかし、何歳になっても悩みは尽きず、思い通りにならないことばかりです。また、もっと高齢の方ともお話させていただきますが、それぞれに悩みが存在することを聞かせていただくばかりです。
      それならば、一旦悩みは無くならないと認めた上で、うまくつきあっていくしかないのかもしれません。

      私自身、日々の生活の中では、そうは言ってもなかなか記事に書かせていただいたような穏やかな心持ちにはなれません。
      しかし、幸い私はお寺での毎朝のお勤めのように、このことを思いださせていただく機会があります。ゆっくりで良いので、少しずつ心を楽な方に向けていくことができたらいいな、と思っています。

  2. 「一切皆苦」は大好きな言葉で、書かれている説明もスッと染み入りました。
    私は嫌なことがあったりすると、紙に「一切皆苦」「諸行無常」をひたすら書き続けるという人が見たら驚くようなことをしているのですが、実際にそうしていると気持ちが落ち着くのでやっています。
    正式に修行なさっているお坊さんも写経をすると思いますが、どのようなことを考えながら写経に臨んでいますか?(何も考えない?)
    素人の習慣にこのような言葉を使うのも無礼かもしれないとは思っているのですが、生活に良い効果を感じているので意識していることなどあれば教えてほしいです。

    1. 「なり」さま、コメントありがとうございます。
      「一切皆苦」「諸行無常」を書き続けると気持ちが落ち着くとのこと、素晴らしいですね。お教えいただいてありがとうございます。

      人間は「過去」と「未来」のことを考えることに多くの時間を使っており、それがそのまま迷い(苦悩の原因)であると言われることがあります。私自身は全くその通りだと思っており、一日の大部分を「あれを言わなければよかった」などの「過去」の後悔、「次の法話は何を話そう」などの「未来」の不安、に費やしており、なかなか心が落ち着きません。

      そこで、「現在」に集中することができれば、それらの悩みに迷うことがないので、そのようにできればなあ、と思います。
      「写経」はまさに「今」に向き合うこと。「心が落ち着く」という人が多いのもうなずけます。ただ、私自身は、浄土真宗のお寺に生まれ育っておりますので、写経はやったことがありません。浄土真宗の文化の中には写経がありませんので、考えたこともないというのが実情です。最近は、西本願寺からも写経の本が出版されましたので、やってみても良いかなと思います。
      今のところ、私が頭の中の雑念を空にして、「現在」に向き合えるのはプラモデル制作(ガンプラ)、とても面白いマンガ・小説読書、めちゃめちゃ面白いテレビ、「お笑い」などです。(振り返ってみると、時間が経過しています。)「読経」は心を落ち着けることができたりできなかったり。

      意識的に「あまり他ごとを考えないようにしよう」と思うのですが、なかなか難しいです。私は結構くよくよする質で、毎日しんどい思いをしています。
      最近は、「過去」の事実は変わらないので、反省するけどくよくよしない。「未来」の不安はやることはやって、どうしようもないことはしょうがない。と割り切ることで、心を整えていきたいと考えています。なかなかできませんが。

この記事の感想を残しませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

他にこのような記事も読まれています

まいてらだより

お寺・お坊さん・仏教の情報が盛りだくさんのメールマガジン

    寺院関係その他

    表示された英数字をご入力ください

    captcha

    TOPへ戻る

    『安心のお寺』マーク

    『安心のお寺』マークは、
    「安心のお寺10ヶ条」に基づく審査を
    クリアした寺院に付与されるマークです。