メールマガジン

煩悩 ‐ 西法寺 住職 西村達也さん(福岡県北九州市八幡西区)

2019.12.01


 生きていくうえでのヒントとなるような「ことば」をお坊さんに教えていただく本シリーズ。北九州市八幡西やはたにし 区の浄土真宗・西法寺さいほうじ 住職・西村達也さんからのご寄稿第二弾は、日常生活でもよく目にする、使う「煩悩 ぼんのう 」についてです。

西村達也(にしむらたつや)

住職。1962年北九州市生まれ。龍谷大学文学部仏教学科真宗学専攻を’85年卒業。自坊法務の傍ら鎮西敬愛学園宗教科の非常勤講師を勤めた。’97年第十三世住職に。社会福祉法人慈恵会(済美保育園/旭ヶ丘保育園)理事長。

西法寺寺院ページ

煩悩は何によって生まれるか?

 大学に入って間もない頃、初めて煩悩 ぼんのう という言葉を辞書で調べました。そこには「私の身をわずら わせ、私の心を悩ませる、私の心のはたらき」とありました。もっと端的にいうと、「私を苦しめるもの、それは他でもない、私自身である」ということでしょう。

 これには驚きました。そんなふうに考えたことがなかったからです。それまで、「おれを苦しめるものは、あいつや」とか、「あいつさえいなかったら、こんなことさえなかったら、おれは苦しまなくていいのに」としか、考えることができなかった私にとっては、たいへんな驚きでした。

 煩悩について、親鸞 しんらん 聖人のお言葉には、「人間というものは煩悩がこの身に満ち満ちて、欲も多く、怒り、腹立ち、そねみ、ねたむ心、多く、絶え間なく、死にのぞ むその時にいたるまで、止まらない、消えることがない、尽きることがない」とあります。

 では、煩悩は何によって生れるのか?
 それは、我執 がしゆう 。つまり、自分の考えに固執し、自分の思い通りにしたいという、私の命の中に燃えさかる、止まることのない欲求から起こるのです。

 ずいぶん前のことですが、あるおばあちゃんが、お寺に来て、それこそ、怒り腹立ちの思いのたけを、私に明かされました。何の話かというと、お嫁さんのことでした。まあこれは、古今東西、永遠のテーマでしょう。

 人生の先輩に対して、若い私にはアドバイスの言葉が見つかりません。ただただ、「そうですね、そうですか、そうですね、そうですか……」何回言ったかわかりませんが、話を聞いていました。

 もう30分くらいたったでしょうか。そのおばあちゃんが最後に口にされた言葉が、忘れられません。「あーあ」と溜息 ためいき をついて、「わしも が強いですなあ」と言ったのです。私も思わず「そうですね」とうなずいてしまいました。

 他人事 ひとごと ではないですね。人間は自分の我の強さで、自分を苦しめるのですね。そのおばあちゃん、自分で自分の姿に気づかれて、来た時とはまったく違い、心穏やかな表情で帰って行かれました。

 自分の考えに固執すると、心の眼は閉ざされ、大切なものを見失い、幸せの中にありながら、その幸せが感じられなくなります。「煩悩」というのは、自分自身がわからず、ただ感情に振り回されて、もがいている私に、自分自身の本当の姿を気づかせてくれる教えです。

シェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
まいてら住職

まいてら住職

まいてら登録寺院のお坊さんを総称して「まいてら住職」と言います。まいてら新聞では、それぞれのお寺の魅力を発信したり、皆さんの疑問・お悩みにどんどんと応えていきます。

他にこのような記事も読まれています

まいてらだより

お寺・お坊さん・仏教の情報が盛りだくさんのメールマガジン

寺院関係その他

表示された英数字をご入力ください

captcha

TOPへ戻る

『安心のお寺』マーク

『安心のお寺』マークは、
「安心のお寺10ヶ条」に基づく審査を
クリアした寺院に付与されるマークです。