大阪府 南河内郡

法華宗

取要山 法華寺

霊水の湧く寺院 (筧の霊蹟)

おすすめのポイント祈願・供養に親身に対応し、地域から頼られているお寺。景観良く霊水も湧き出る境内にお参りすると、何か良いことがありそう

ご霊水が湧き出る御霊蹟

ご霊水が湧き出る御霊蹟

寺の創建は、室町時代です。この北加納村を訪れた日隆上人が、村を日照りの水不足から救うため、山中に分け入り、祈念したところ、山腹からこんこんと水が湧き出しました。以来580年、涸れることなくこのご霊水は湧き続けています。現在も、檀信徒を問わず遠方からも「ご霊水」を求めて汲みにこられ、飲料などに利用されています。

見どころ

河内平野一望の景観

楠正成公ゆかり、南北朝の戦の古戦場が一望できます。

ご霊水の湧き出し口

堂の中から湧き出し口に参拝することができます。

日隆上人直筆の題目塔

室町時代、寺を創建された日隆上人の直筆の題目石塔が現存しています。

石川藩主、播磨守総長公の位牌

江戸時代、石川藩主の菩提寺となったため、藩主の位牌が祀られています。

施設・設備

ご霊水の水槽

水原堂から湧き出たご霊水は、地下を通り、庫裏西側の水槽に流れ込みます。

水原堂

境内より西へ100メートル。ご霊水の湧き出し口をお祀りしています。

三十番神堂

古来より、神仏習合の形を残し、鳥居があります。

客殿

檀信徒の方々の休憩・食事場所です。

歴史

湧き出る御霊水

1439年(永享11年) 。楠正成公、南北朝の戦乱の慰霊のため、この北加納村を訪れた日隆上人は、日照りに苦しむ村人たちを救おうと、山中に分け入り、法華経を読み祈念されました。その結果、山腹から水が湧き出てきました。この霊験により、村民全員が法華経に帰依し、法華寺が創建されました。

寺門の興隆

江戸時代、石川藩主、播磨守総長公の庇護を受け、石川家菩提寺として寺域が整備されました。1760年代石垣造立、1830年代庫裏建立など、堂宇が整い、北加納村の人々の信仰はいっそう熱心なものになりました。

一時期は無人の寺に

明治初年、失火により本堂焼失。以後30年、住職不在の時期がありました。霊蹟寺院の惨状を嘆いた事圓院日行上人は第28世として、支援者、檀信徒と力を合わせ、遂に1911年(明治44年)に本堂が再建立されました。

堂宇の再建

昭和51年に第30世住職に就任した庄司日験上人と檀信徒の努力により、本堂修築、庫裏、客殿、水原堂などが次々と再建立されました。1945年(昭和20年) 終戦間際に金属供出により失った日隆上人銅像は、2010年(平成22年)開基日隆上人550遠忌に際し、改めて建立されました。

ご縁の方の声

  • お寺に足を運ぶと、境内はいつも気持ちよく整備されており、心が清められる思いがします。
  • お寺にお参りすると、丁寧なお言葉や笑顔で、とても愛想よくむかえていただきます。
  • 色々なお寺がありますが、真に人を救うという点で信用できるのは、法華寺さんです。
  • 歴史が古く、村の宝であり、誇りです。

お参りの方へ

法華寺の歴史、ご霊水に興味のある方、静かな山寺に参拝を希望される方は、どなたでも気軽にお越しください。駐車スペースもございますが、わかりにくければ、電話又はお問合せフォームよりご連絡いただけれは、ご案内いたします。

寺名(ふりがな) 取要山 法華寺 (しゅようざん ほっけじ)
宗派 法華宗
住職名 庄司 日験 (しょうじ にちけん)
郵便番号 585-0012
住所(地図) 大阪府南河内郡河南町加納247 (地図)
電話番号 0721-93-3023 ※お問合わせの際は「まいてらを見た」とお伝え下さい
FAX 0721-93-3023
ホームページ http://hokkeji.info
駐車場 有り(境内下 8台)
交通 近鉄南大阪線 富田林駅 下車
金剛バス 北加納バス停 徒歩5分

このお寺に問い合わせる