メールマガジン

カンヌで大反響! 映画『典座 -TENZO-』いよいよ公開【後編】

2019.10.01

前編はこちら

世界の映画人を魅了した青山俊董しゅんどう 老師の語り

青山俊董老師

「カンヌでは、青山俊董老師の語りに、観客がとても感銘を受けられていました。私自身も映画の制作を通じて、師匠から教えをいただいた気持ちです」

典座てんぞ -TENZO-』で主演を務めた河口智賢ちけん さんは、青山俊董老師の教えを日々実践するように心がけているそうです。

「青山老師は『本物に立ち上がってほしい』とおっしゃいます。人を救うために仏法があり、それを実践するのが僧侶であると。『他はこれ吾にあらず 更に何いず れの時をか待たん』という言葉が典座教訓にあります。自分が青山老師のおっしゃる『本物』かは分かりませんが、この映画を多くの人に見ていただき、仏教と禅を伝えていくのは自分がやるべきこと、今やらないといけないことだと、日々自分に言い聞かせて動いています」

「本作は、禅でいう『今、ここ』(今という瞬間)で動かなければ撮れない映画でした。撮影後に福島の仮設住宅は取り壊されました。海岸の風景も今は変わっているかもしれません。ああしておけば良かった、こうしておけば良かったと思わないよう、禅の『今、ここ』を自分自身が実践しないといけません」

 

福島県の避難区域で撮影されたシーン

 

先日は「あいちトリエンナーレ」の上映会のトークセッションに、青山老師が登壇されました。青山老師は今年、脳梗塞と心筋梗塞で入院されましたが、当日はそれが信じられないくらい、凛とした元気なお姿だったそうです。

 

あいちトリエンナーレにて。前列左から2人目が青山老師

 

「トークで青山老師がおっしゃっていたことが印象的でした。『病気になったからこそ気づいたことがある。歩けない人、字を書けない人、車いすや寝たきりの人がいる一方で、院内を走るスタッフもいる。今の日本は、病人は病院、老人は老人ホーム、元気な人は普通の世界というように全てを分ける。日常の中に生老病死が見えていない。核家族化によって、祖父母が老い、亡くなっていくことが今の子どもには見えない。病院は病気の人も、元気な人も、命が生まれる人もいて、死んでいく人もいる。病にならないと見えないことがあると気づかされた。病院は人生の縮図。まだまだ勉強』と」

長年にわたり、禅を通じて生老病死を深く見つめてこられた青山老師。映画でどんなことを語られているのかとても興味が湧きます。

自分を支える「根っこ」に気づいて

映画公開を目前に控え、河口さんは力をこめて次のように語りました。

「私は、映画を制作する過程で気づきをいっぱいいただきました。仏教と禅が、自らの生活の中に根付いているということに気づかされました。宗教者も一人の生身の人間です。僧侶も悩み苦しむ中、立っていられるのは根っことなる仏教と禅があればこそ。その根っこがあれば、自分という木は支えられて倒れにくくなります。映画館で『典座 -TENZO-』をご覧になった方にも、ご自身を支える根っこに気づいていただきたい。必ずしも仏教や禅でなくても良いと思います。ご自身が『生きる』日常の中でぜひ見つけていただけたら」

映画『典座 -TENZO-』は10月4日(金)のアップリンク吉祥寺/渋谷(いずれも東京都)を皮切りに、全国の映画館で順次公開です。

  • アップリンク吉祥寺(東京都武蔵野市)10月4日より
  • アップリンク渋谷(東京都渋谷区)10月4日より
  • 松本CINEMAセレクト(長野県松本市)10月20日より
  • 静岡シネギャラリー(静岡県静岡市)10月26日より
  • シネ・ヌーヴォ(大阪府大阪市)11月16日より

(作品公式サイト)公開劇場情報

シェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
まいてら 編集部

まいてら 編集部

まいてら編集部は、まいてらの運営メンバーで構成されています。会いたくなるお坊さんの人柄、 行ってみたくなるお寺、 学んでみたくなる仏教の智慧。あなたの生活をちょっぴり豊かにする、 そんな情報をお届けします。

他にこのような記事も読まれています

まいてらだより

お寺・お坊さん・仏教の情報が盛りだくさんのメールマガジン

寺院関係その他

表示された英数字をご入力ください

captcha

TOPへ戻る

『安心のお寺』マーク

『安心のお寺』マークは、
「安心のお寺10ヶ条」に基づく審査を
クリアした寺院に付与されるマークです。