メールマガジン

豪勢な人生。アミダさまに見守られた安心(西法寺住職・西村達也)

2021.06.11

西村達也(にしむらたつや)

西法寺住職。1962年北九州市生まれ。龍谷大学文学部仏教学科真宗学専攻を’85年卒業。自坊法務の傍ら鎮西敬愛学園宗教科の非常勤講師を勤めた。’97年第十三世住職に。社会福祉法人慈恵会(済美保育園/旭ヶ丘保育園)理事長。

西法寺寺院ページ

梯先生のYouTubeにはまる91歳の父

 私の父は今年91歳になります。昨年初めてスマートフォンを購入しました。90歳にしてスマホデビューで、只今YouTubeにハマってます。いろんな情報を入手していますが、なかでも著名な先生方のご法話をよく聞いています。特に梯実円かけはしじつえん先生のご法話『本願ほんがんのこころ』を繰り返し聞いていました。梯実円先生とは、先年ご逝去なさいましたが、西本願寺を代表する当代随一の名僧です。
 皆さんもコロナ禍は、ご自宅で聴聞三昧してはいかがでしょうか。

手術前、父は「死んだら大いに祝え」と言う

 さて、その父が先日、心臓の手術を受けることになりました。
 父は嬉しそうにこう話すのです。「長生きした理由がわかった。私の90年の人生は阿弥陀様あみださまの本願のこころに出会うためであった。これまで長いこと時間がかかった、手間ひまをおかけした。」と。

 父は心臓の手術を目前にして、私たち家族に「私が死んだら大いに祝ってくれ。浄土往生じようどおうじよう、お浄土にきて生まれる、これほどめでたいことはないのだから。」と言いました。これまで、こんなことを言う父ではありませんでしたので、梯先生との出会いは父にとって余程のことだったのでしょう。

阿弥陀様に見守られた、豪勢な手術と人生

 手術は無事終わりました。父は手術室に入る時の様子を次のようにメモに綴っていました。

「手術の日です。病室に娘が来てくれました。時間が来て、寝台車に乗せられて、手術室の控室まで行きます。付き添いの娘もそこまでです。お父さん頑張って!と言う娘の声を後にして、たった一人になって長い病院の廊下を行くのです。白い天井を見ながら行くのです。その時、いつものとなえる念仏が自然と出るのです。私はアミダ様と一緒にいるのだと思いました。そうしてアミダ様に付き添われている私は、なんと豪勢な手術だろうと思ったのです。・・・・・手術はきちんと予定の時間に終わったようです。集中治療室の中で目を覚ましたのであります。」

 阿弥陀様あみださまのことを本気で語る父の一言一言が、私の心に響いてくる今日この頃です。
 ナモアミダブツ、ナモアミダブツ、阿弥陀様に付き添われまもられた人生。ナモアミダブツ、ナモアミダブツ、私たちの人生はなんと豪勢な人生でありましょうか。優しく、強く、賢い阿弥陀様にエスコートされ、お浄土に歩む人生なのであります。

 みなさん一人ひとりが、阿弥陀様に見守られています。
 その安心に包まれているのですから、不安になる必要はありません。毎日を精一杯生きれば、それだけで100点満点です。

お寺画像
福岡県北九州市八幡西区
西法寺
「ご門徒さんは宝」を合言葉に─

寺院ページを見る

シェアする

  • Facebook
  • Twitter

西村達也

西法寺住職。1962年北九州市生まれ。龍谷大学文学部仏教学科真宗学専攻を’85年卒業。自坊法務の傍ら鎮西敬愛学園宗教科の非常勤講師を勤めた。’97年第十三世住職に。未来の住職塾2期生。社会福祉法人慈恵会(済美保育園/旭ヶ丘保育園)理事長。

この記事の感想を残しませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事の感想を残しませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

他にこのような記事も読まれています

まいてらだより

お寺・お坊さん・仏教の情報が盛りだくさんのメールマガジン

    寺院関係その他

    表示された英数字をご入力ください

    captcha

    TOPへ戻る

    『安心のお寺』マーク

    『安心のお寺』マークは、
    「安心のお寺10ヶ条」に基づく審査を
    クリアした寺院に付与されるマークです。