メールマガジン

「7676」車は、安全運転で行こう!(宝泉寺 住職・伊藤信道)

2020.05.03

伊藤信道(いとうしんどう)

1955年(昭和30年)津島市生まれ。龍谷大学文学部仏教学科卒。大学では陸上競技部。アーユス仏教国際協力ネットワークや名古屋NGOセンター創立に関わりました。また、僧侶育成機関「宗学院」院長を勤めます。

宝泉寺寺院ページ

 ぽかぽか陽気の日に、田舎の道をクルマで走る。信号もない一本道だから、ストレスなくて気持ちいい。
 前を走っているクルマが、減速を始めた。ウン、どうしたのかな。
 それは、横断歩道で歩行者がいたから。歩行者は、軽く会釈をしながら、渡りました。
 おお、親切な(当たり前かな)運転手さんだなって思いながら、そのクルマのナンバーを見ると「7676」
 ウインドウ越しに見えるその頭は、丸坊主。これは、同業者かも。

お寺のあるある。「7676」ナンバーは僧職の車

 「7676」ナンバーは、僧職のクルマであることが多い。お寺の世界の「あるある」です。
 実はうちのクルマのナンバーは、「7676」。
 ご近所のお寺も「7676」。
 親戚のお寺も「7676」。
 あっちの寺も、こっちの寺も「7676」ナンバーにあふれています。

 仏さまに帰依をするという意味の南無は76。
 つまり、7676は南無南無(ナムナム)です。

 横断歩道で停止した「7676」ナンバーのクルマに、ナムナム!をして私も発進。
 「7676」車は、安全運転!で行こう。

お寺画像
愛知県津島市
宝泉寺
わたしを開く みんなとつながる

寺院ページを見る

シェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
伊藤 信道

伊藤 信道

1955年生まれ。NGO・NPO活動を続けています。人生って、ホントに色々あるな、でもみんな苦しみ悲しみを堪えて生きているから、優しくなれるなと、感じています。

この記事の感想を残しませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事の感想を残しませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

他にこのような記事も読まれています

まいてらだより

お寺・お坊さん・仏教の情報が盛りだくさんのメールマガジン

    寺院関係その他

    表示された英数字をご入力ください

    captcha

    TOPへ戻る

    『安心のお寺』マーク

    『安心のお寺』マークは、
    「安心のお寺10ヶ条」に基づく審査を
    クリアした寺院に付与されるマークです。