メールマガジン

お寺のある生活をおくるための

まいてらカレンダー

mytera calendar

浄土真宗の門信徒にとっていちばん大切なご法要「親鸞聖人 報恩講」

2018年11月11日(日)|教西寺

シェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

【浄土真宗の最も盛大な法要 ― 報恩講 -】
宗祖・親鸞聖人は800年ほど前、命がけで念仏のみ教えをお示し下さいました。阿弥陀さまの「必ず救う」という願いを聞かせていただいたおかげで、私たちは今、仏さまを心のよりどころとして日々を暮らすことができます。ご先祖さまや自分の大切な人たちを偲び、お参りするお寺があるのも、親鸞聖人のおかげです。このご「恩」に感謝し、「報」いるのが、報恩講です。どうぞご家族みなさまそろってお参り下さい。

【法話 加藤 学 師】
桑名組善徳寺のお坊さま。昨年の報恩講にもお越しいただきました。笑いあり涙あり、心に染み入るお話でした。龍谷大学真宗学科を卒業。布教使として、お若いながら(1981年生まれ)ご本山や築地本願寺、各地の別院等でお説教をされています。
東海教区(愛知、三重)の少年連盟のキャンプでは、絵本の読み聞かせを交えながらのご法話で、子どもたちにも大変わかりやすくお話し下さいました。西別院の寺フェスや少年連盟など、住職も親しくさせていただいています。

■日中法要■
10:30 読経 正信念仏偈作法(正信偈を美しい十二礼の節でおつとめします)
11:05 読物 御伝鈔 拝読
11:15 休憩
11:25 うた コーラスKozakura(赤いスイートピー)
11:30 法話 加藤 学 師
12:10 了

□お斎(お食事)
12:10

■ご満座法要■
13:30 宗祖讃仰作法(正信偈の内容を和讃でおつとめ。散華もします)
     最高の七条袈裟、他のお寺様にもお参りいただく、華やかな法要です。
14:05 読物 御伝鈔 拝読
14:15 休憩
14:25 うた コーラスKozakura(上を向いて歩こう)
14:30 法話 加藤 学 師
15:10 寺族挨拶
15:20 了

行事・イベント名親鸞聖人 報恩講
日程2018年11月11日(日)
時間10:30~15:20
場所教西寺
名古屋市昭和区小桜町2-4(地図)
定員特になし
参加費お布施(3000~5000円程度)
お申し込み方法お申込みなくてもお参りいただけますが、電話(052-731-3117)・メール(kyosaiji@mediacat.ne.jp)にてご連絡いただければ、準備ができますのでありがたいです。
お問い合わせ先教西寺

お寺画像
愛知県名古屋市昭和区
隨喜山 教西寺
笑顔がつながる 明るい朱色のお寺

寺院ページを見る

シェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

このカレンダー情報にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

オススメの催し

こちらに関連する記事はまだ投稿されていません

まいてらだより

お寺・お坊さん・仏教の情報が盛りだくさんのメールマガジン

    寺院関係その他

    表示された英数字をご入力ください

    captcha

    TOPへ戻る

    『安心のお寺』マーク

    『安心のお寺』マークは、
    「安心のお寺10ヶ条」に基づく審査を
    クリアした寺院に付与されるマークです。