メールマガジン

東京都江東区

登録寺院

真宗大谷派

光明寺

親鸞聖人に出遇うお寺

おすすめのポイントご住職夫妻が身近な距離感で親切に対応してくださる、相談のしやすい「下町 深川」のお寺です。

お寺が、今を生きる私たちにとって大切な場所となることを願います。

お寺が、今を生きる私たちにとって大切な場所となることを願います。

お寺という場所は、多くの人は、死者を弔う場所だと思っていることと思います。ご先祖の法事をして、ご先祖のお墓参りをして、お身内を亡くされれば葬儀をする。もちろん、それは大事なことです。でも、それらの仏事は、亡くなった方のため、だけではないのです。むしろ、今を生きる私たちが、大切な方の「死」という事実を通して、仏の教えに出遇い、「本当」ということに出遇う場所なのです。その出遇いを願い、寺を開いてゆきたいと思っています。

見どころ

本尊・阿弥陀如来像(江東区指定文化財)

鎌倉時代の作風を模していますが、製作年代は江戸時代

掲示板と住職の言葉

掲示板の横に、住職の感想をお持ち帰りいただくように置いています

光明寺通信「こうみょう」

お寺ってどんな場所?に、応える寺報を作っています

帰敬式(おかみそり)

法名をいただき、念仏申す生活を始めましょう。※法名をいただくための入門講座(全4回)を受けて頂きます

施設・設備

こじんまりとした説教所スタイルの本堂

狭いながらも内陣より参詣席を広くとっています

二階客殿(椅子席)

ご法事のお斎会場としてご利用ください。Wi-fi完備。

世薀多観音

東京空襲の追悼観音、珍しい石膏作りです。

歴史

上越門徒の説教所が起源

昭和5年(1930)4月に真宗出雲路派の説教所として、現在の千田21番地に創立されました。後に真宗大谷派に属するようになり、これを機に宗教法人となりました。

寺院として再建

戦災によって焼失し、昭和22年(1947)に現在地に建立され、翌年、現在の寺号に改められました。

現住職、2016年に第4世を継職

お寺は、仏事が勤められ、教えが説かれる場所です。でも、多くの人には、日常的な場所ではありません。教えが今を生きる一人ひとりに意味のあるものとなるよう、そしてお寺が身近な存在として感じてもらえるよう、お寺を開いてゆきます。

お参りの方へ

光明寺は一見してお寺には見えません。ちょっと大きなおうち、という感じです。でも、下町深川にあって、なかなか味のあるお寺だと思っています。場所はホームページからご確認いただくか、お寺へお尋ねください。お待ちしております。

寺名(ふりがな) 光明寺(こうみょうじ)
宗派 真宗大谷派
住職名 小林尚樹(こばやしなおき)
郵便番号 135-0013
住所(地図) 東京都江東区千田9−7 (地図)
電話番号 03-3644-3043 ※お問合わせの際は「まいてらを見た」とお伝え下さい
FAX 03-3644-3075
ホームページ http://koumyouji-fukagawa.or.jp
ブログ http://koumyouji-fukagawa.or.jp/word
駐車場 あり(1台)
交通 【東京メトロ・都営新宿線】 住吉駅
B1出入口より地上へ出たら右へ曲がり、徒歩10分
【JR総武線】 錦糸町駅
南口より、都バス東22系統「東陽町駅行き」に乗り約5分「扇橋2丁目」で下車し、徒歩2分
【東京メトロ】 東陽町駅
1出入口より、都バス東22系統「錦糸町駅行き」に乗り約5分「千田」で下車し、徒歩2分

このお寺の行事予定を見る このお寺に問い合わせる

まいてらだより

お寺・お坊さん・仏教の情報が盛りだくさんのメールマガジン

寺院関係その他

TOPへ戻る

『安心のお寺』マーク

『安心のお寺』マークは、
「安心のお寺10ヶ条」に基づく審査を
クリアした寺院に付与されるマークです。