兵庫県 明石市

曹洞宗

月江山 雲晴寺

今を生きるあなたに寄り添う禅寺

おすすめのポイント坐禅会や縁結びなどの催しを通じて、多くの人々から親しまれているお寺。様々な種類のお墓があり、優しく相談にのってくれます

お寺は皆様のものです。お寺と様々なつきあい方があります

お寺は皆様のものです。お寺と様々なつきあい方があります

お寺は誰のもの? 住職のものではなく、間違いなく皆様のものです。雲晴寺は古くから、墓地をご使用されているお檀家や皆様の支えにより仏教や禅を伝える場所、ご先祖様が眠る地として歴史を刻んできました。言うならば住職とは本尊さまと皆様をつなぐ役目であると思います。当山では檀家様以外の付き合い方として会員制度を設けております。皆様が心配される「寄付」についても、強制的な寄付の募集は行っておりませんので、安心してお付き合いください。

会員の種類

名称説明年会費
檀家・護持会会員雲晴寺の護持会会員であり、雲晴寺の護持発展を支えてくださる方。護持会費は宗費やお寺の修復等に使用させていただきます。雲晴寺墓地使用者は1区画墓地管理料年5,000円を別途納めていただきます。20,000円
信徒雲晴寺に墓地はなく檀家ではありませんが、葬儀・法事などでお寺や住職と長年の関係でお世話になっている方。大きな行事や寄付勧募の時には任意でご協力をいただいています。なし
慈縁会員永代供養付墓地「慈縁」を契約された方です。永代使用料の一部を基金運用することで、供養や維持管理をしていますので、管理料はかかりません。ただし、生前に連絡を取り合うための通信事務費として、年会費という形で頂戴しています。 会員制度で宗旨・宗派は問いません。信徒と同様に雲晴寺の儀式を受けることができます。寄付の強制はございません。(年間通信費3,000円)なし
慈雲会員永代供養墓「慈雲」を契約された方です。会員制度で宗旨・宗派は問いません。信徒と同様に雲晴寺の儀式を受けることができます。年会費や寄付の強制はございません。なし
坐禅会友の会坐禅を通じて雲晴寺と縁を結んでいただいた人の有志の会です。定期的に境内を掃除していただいたり、行事のお手伝いなどをしていただいております。禅を通じてのボランティアの会ですので年会費、年齢制限などはございません。(ご希望の方にはお寺のカレンダーや禅の友などを年数回を送らせていただくこともできます。その場合は坐禅会友の会、特別会員として年間通信費3,000円をいただきます)なし
護持会費について
ついて

護持会費は、雲晴寺の護持運営の為に使用され、毎年1回護持会総会を開催し、行事報告、行事予定、会計報告、会計監査を行い、大切に使わせていただいております。

寄付に
ついて

雲晴寺では普段寄付の強制は一切しておりません。 しかしながら、お寺は皆様のお力なくして、維持管理はできないのも事実です。寺院に劣化や損傷が見られた場合、特別行事の際には、総代会、護持会役員会に提案し、賛同をいただいた場合にはご寄付を募らせていただき、皆様に寄り添う禅寺として歴史を繋いでまいります。 「慈縁」や「慈雲」の契約者に寄付の強制はございません。護持会に入会するかも自由です。 ただし、お世話になっているので寄付をしたいと言っていただける方もございます。その場合は大切にお寺の護持に使わせていただきます。

ご縁の方の声

  • 人々が沢山集まり、活気のあるお寺に癒やされております。(50代男性)
  • 坐禅会で雲晴寺様とご縁をいただき、今では私の心の支えです。(30代女性)
  • 400年以上続く歴史に誇りを感じ、日々新しいことを考え工夫しているお寺に微力ながら協力させていただいております。(60代男性 檀家)
  • 両親の永代供養墓の申し込みを通じてお寺と出会い、今では坐禅会やお寺の行事に参加するようになり、生活が充実しています。(40代女性 慈雲会員)

檀信徒を
希望される方へ

雲晴寺は、檀信徒以外でも菩提寺がない方は宗派を問わずご法事や永代供養を承っております。月例坐禅会もどなたでも参加できます。お気軽にご相談ください。

寺名(ふりがな) 月江山 雲晴寺 (げっこうざん うんせいじ)
宗派 曹洞宗
住職名 第25世 五十川 幸雄 (いそかわ こうゆう)
郵便番号 673-0087
住所(地図) 兵庫県明石市人丸町5-23 (地図)
電話番号 078-911-6460 ※お問合わせの際は「まいてらを見た」とお伝え下さい
FAX 078-962-6464
ホームページ http://unseiji.or.jp
駐車場 あり
交通 電車で・・・JR明石駅下車 東へ徒歩約7分
      山陽電鉄人丸前駅下車 徒歩約3分
車(一般道)で・・・国道2号線、桜町東を北へ、鉄道高架くぐりすぐ右折約50メートル
車(有料道路)で・・・神戸方面よりお越しの場合、第二神明大蔵谷より約8分
           姫路方面よりお越しの場合、第二神明伊川谷より約10分又は大蔵谷より約8分

このお寺のカレンダーを見る このお寺に問い合わせる