愛知県豊橋市

登録寺院

真宗高田派

正太寺

みんなの正太寺 みんなと正太寺 みんなが正太寺

おすすめのポイントつらい別れに寄り添い、一緒に悲しみを共有する優しいお寺。住職が得意の「消しゴムはんこ」には、みんなが喜びます

「南無阿弥陀仏」とご縁を結ぶ

「南無阿弥陀仏」とご縁を結ぶ

400年を超える長い歴史を地元と共に歩んできた正太寺。その人々の温かなこころが正太寺をゆったり、のんびりとしたお寺としているのでしょう。正太寺は誰でも気軽にお参りしていただけます。その思いは車椅子でも楽々と本堂へと上がることの出来るスロープにも表れています。お寺が地域の集いの場となるよう願い、各種イベントも企画しています。

見どころ

正太寺寺報「ようこそようこそ」(季刊誌)

ご遺族へのインタビュー記事「悲しみの向こう側」など

四季を彩る境内の花々

お参りされるたびに、季節の移ろいを感じられます

詩人・丸山薫の墓所

丸山薫のお墓

太子像

聖徳太子二歳南無像

施設・設備

風のポスト・あの人への手紙

亡くなったあの人へ、手紙を書いてみませんか

かわいいスタンプ帖・コレクター続出中

毎月更新される住職お手製の消しゴムはんこです

正太寺文庫・本棚の中の仏さま

絵本を中心に素敵な出合いがあなたを待っています

駐車場

30台可

歴史

文人・大河戸晩翠

当山、十一世住職。 晩翠翁は弘化二年に真宗高田派願成寺(現東新町)に生まれ、11歳の時に正太寺に養子として迎えられ、以来仏典を松山忍成に、漢学を関根痴堂、小野湖山等に学ぶ。

画人としての歩み

幼少より画を好み、稲田文笠の門に入り梅笠と号した。 その後、渡辺小華に師事し、門下の第一人者となる。小華が江戸に上った後は、大分県日田市の平野五岳に学んだ。

孤高の僧

晩翠は生涯清廉謹直であり、清貧に甘んじ、権門に媚びず、名利に動かず、篤き信仰の僧であったと聞く。 大正10年(1921年)10月18日、77歳にて往生する。

晩翠碑について

現在、正太寺には晩翠翁の顕彰碑が建っている。高さ約2メートルの立派な鞍馬石である。碑表に五言絶句、碑陰には辞世の句がそれぞれ翁の真筆で刻まれている。

ご縁の方の声

  • いつ来ても、必ず誰かお参りの方がいらっしゃいます。あいさつからおしゃべりが始まることもあり、温かな気持ちにさせてくれます(50代女性)
  • いつも届けられる寺報を家族みんなで読んでいます。小学生の孫は住職の描く四コマ漫画を楽しみにしています(70代男性)
  • 今の住職になってから正太寺の雰囲気がとても明るく、新鮮な感じとなりました。色々な工夫が凝らされ、お参りに来るのが楽しみです(60代男性)

お参りの方へ

正太寺の本堂は日中はどなたでも上がり、お参りすることができます。まずは正面の阿弥陀様にご挨拶。そこから右手には「風のポスト」があり、スタンプ帖があり、絵本の詰まった本棚があります。立って柱に近づけばハガキ大のメッセージカードには先人たちの法語が語りかけてきます。鳥の声、風の音に身をまかせ、ゆったりとした時間をお過ごしください。

寺名(ふりがな) 正太寺(しょうたいじ)
宗派 真宗高田派
住職名 大河戸悟道
郵便番号 440-0016
住所(地図) 愛知県豊橋市牛川町字西側16 (地図)
電話番号 0532-54-9421 ※お問合わせの際は「まいてらを見た」とお伝え下さい
FAX 0532-52-7780
ホームページ http://shotaiji.com/
駐車場 30台可
交通 (JR・名鉄)豊橋駅から市バス利用の場合
[豊橋駅前]より70系統「和田辻東行き」に乗車(約15分)
[牛 川] 停留所下車・徒歩7分 運賃280円

このお寺のカレンダーを見る このお寺に問い合わせる