メールマガジン

静岡県浜松市東区

登録寺院

日蓮宗

長光山 妙恩寺

徳川家康公ゆかりの
日蓮宗寺院

おすすめのポイント家康ゆかりの歴史あるお寺。住職は地域の歴史の語り部で、近所の小学生から歴史愛好家まで、話を聞きにお参りにきます

東海道の歴史をこの地で見守ってきた遠州最古の法華寺院

東海道の歴史をこの地で見守ってきた遠州最古の法華寺院

平成23年、妙恩寺は700年を迎え地元日蓮宗寺院では最古となります。伽藍は建て替えられながらお寺をとりまく人々によって連綿とこの地に紡がれてきました。その紡がれた過去の歴史資産を維持し伝える事で、皆さまの地域愛・自信を得る手助けをする。困った時には頼りになる。お寺に関わる事で、地域の人々が 「おかげさま」 を実感できる。人々の集う場所になりたいと願っています。

見どころ

法橋の松

金原法橋お手植えの松

本堂内の格子戸

内陣と外陣の狭間、浄土を透かし見る本堂の格子戸

金原明善翁・高柳健次郎氏のお墓

近代産業の発展に多大な寄与をした偉人のお墓

妙恩寺蔵の文化財

日蓮聖人真筆曼荼羅、戦国武将の禁制・禁令書状

施設・設備

本堂

第二十六世の代から三百年を経た本堂

永代供養殿 常経殿(じょうきょうでん)

木の温もりを感じられるところでお参りできます

御祈祷所 最上殿(さいじょうでん)

安産祈願・お祓いなど個別の御祈祷をしています

宝物殿

現在宝物を調査・修復・整理しています

歴史

日蓮聖人の孫弟子、日像上人

日蓮聖人の京都布教の遺命を託された日像上人が、布教活動の途中に浜松の地で、金原法橋、妙恩尼と再会。金原法橋邸を寺とし、妙恩尼の名を冠したのが妙恩寺の寺の名前の由来です。

徳川家康と十一代日豪上人との出会い

十一代住職と家康との関わりは、家康が岡崎から浜松へ本拠を移す際、本陣を置くことを許し、世に言う三方原の合戦の前哨戦一言坂の戦いにおいて家康敗走時に匿い、その後も囲碁の友として二人は親交がありました。

近代産業発展の父が眠る寺

国土発展に生涯をかけ、浜松の地においては天竜川流域の治山治水で農業発展の礎を築いた金原明善翁。テレビ発明、メディアの幕開けの礎を築いた高柳健次郎氏。お二人の菩提寺です。

平成23年(2011年)で創建700年

遺跡発掘から、この地域には少なくとも1200年間、人々の暮らしの営みがありました。その1200年の地域史の中で、妙恩寺は700年間、今に至るまでこの地に根付いております。

ご縁の方の声

  • 境内整備、掃除に努められていていつも清々しくきれい
  • 金原明善、高柳健次郎、法橋の松、徳川家康との関係で知られている、由緒ある創建700年の名刹
  • 何事にも興味を持ち、知識や造詣が深い住職は、声量があり、話術に優れ、読経、法話、儀礼等申し分ない

お参りの方へ

妙恩寺へは、いつでもお参りください。お寺にご用のある方は、庫裡へおたずねください。御首題(御朱印)を受けに来られる方は、事前にお寺へご連絡ください。住職不在の場合は、印刷物に印の御首題(御朱印)となります。

寺名(ふりがな) 長光山 妙恩寺(ちょうこうざん みょうおんじ)
宗派 日蓮宗
住職名 山澤 英伸
郵便番号 435-0013
住所(地図) 静岡県浜松市東区天龍川町179 (地図)
電話番号 053-421-0314 ※お問合わせの際は「まいてらを見た」とお伝え下さい
FAX 053-421-0314
ホームページ http://myo-onji.jp
駐車場 40台
交通 お車で…東名浜松ICより南に4Km(おおよそ10分)
電車で…JR東海道本線 天竜川駅から北へ徒歩5分
バス…遠鉄バス 橋羽バス停から徒歩5分

このお寺の行事予定を見る このお寺に問い合わせる

まいてらだより

お寺・お坊さん・仏教の情報が盛りだくさんのメールマガジン

寺院関係 その他
TOPへ戻る

『安心のお寺』認証

『安心のお寺』認証は、
「安心のお寺10ヶ条」に基づく審査を
クリアした寺院に付与される
登録認証マークです。