愛知県津島市

浄土宗西山禅林寺派

飛龍山 帰命院  宝泉寺

わたしを開く みんなとつながる

おすすめのポイント津島市の風物詩にもなっている「寒中托鉢行」の伝統を継ぐお寺。地域に開かれており住職家族がどなたもあたたかく迎えてくださいます。

一つ一つの行事は、すべて仏様につながっていきます

一つ一つの行事は、すべて仏様につながっていきます

行儀作法は、自分を変えたり支えるという力があります。宝泉寺の行事は、肩は凝りませんけれど、真摯な姿勢であるようにしています。毎年お勤めする定例法要や、数年に1度の大法要の他、百万遍念仏講や子ども会、「おてらおやつクラブ」の活動もおこなっています。

飛龍山 帰命院 宝泉寺カレンダー

もっと見る

行事・活動

宝泉寺子ども会

年3回(春休み・夏休み・冬休み)開催しています。夏はお寺に、みんなで泊まります。檀信徒の小学生が対象ですが、友人や親戚の子どもも参加できます。お経のけいこや、おはなし、屋外ゲームなど楽しい内容です。

  • 入会時に、お袈裟や経本などをお渡しします。

多くの定例法要

御忌会(1月)彼岸永代経(3月)盆施餓鬼(8月)彼岸永代経(9月)お十夜(10月)が定例行事です。また町内の方と地蔵盆(8月)を勤めています。

  • 多くの法要には、説教があります。
  • 施餓鬼料は、3千円・5千円・1万円と決まっています。
  • 檀信徒の方には、その都度、ご案内を差し上げます。

津島の風物詩、寒中托鉢行

津島の冬の風物詩として、しばしば写真の被写体にもなっています。ただ風景になるだけではなく、他者への思いやりが伝わるようにしたいと念じています。現在は住職と弟子の2名で行っています。

  • 小寒から節分(プラス立春の日まで)の寒中、津島市内を回っています。
  • 浄財はアーユス仏教国際協力ネットワークや、災害復興のNPOへ寄付しています。

お祝い

授戒会・五重相伝会

数年に一度、開いています。信者の証しとして生前戒名を授与し、お釈迦様のお弟子となったことをともによろこびます。現在宝泉寺では、約120名の方が戒名をお持ちです。3日間の感動感銘あふれる法要です。

  • 宝泉寺での修行は、伝統に則ってお勤めします。

承っている慶事一覧

ご縁の方の声

  • 子ども会に子どもが参加しています。お寺の空間で、子どもたちが過ごすと言うだけでも意味があると思っています(30代・Sさん)
  • ワイヤレスイヤホンを借りましたので、お経の声がとてもよく聞けました。その後の法話も、よくわかりました(70代・Tさん)
  • 毎月21日の百万遍念仏講に通っています。毎月、一緒にお念仏をするのが楽しみです。また皆さんとのおしゃべりも楽しいです(60代・Iさん)

行事への参加・祝い事を
依頼される方へ

寺報『まんだら』や、門前の掲示板・Webなどで、檀信徒の方には行事案内をしています。わからないことはは、お気軽におたずねください。耳が聞こえにくい方には、ワイヤレスイヤホンを貸し出しています。

寺名(ふりがな) 飛龍山 帰命院 宝泉寺(ひりゅうさん きみょういん ほうせんじ)
宗派 浄土宗西山禅林寺派
住職名 伊藤 信道(いとう しんどう)
郵便番号 496-0806
住所(地図) 愛知県津島市池麩町2番地 (地図)
電話番号 0567-26-4438 ※お問合わせの際は「まいてらを見た」とお伝え下さい
FAX 052-308-4438
ホームページ http://www.housenji7676.com/
駐車場 18台
交通 電車:名鉄津島線津島駅下車、西に徒歩6分
クルマ:東名阪弥富ICから車で12分

このお寺のカレンダーを見る このお寺に問い合わせる