メールマガジン

奈良県 安養寺「おすそわけ」の歴史

2018.05.10

シェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

まいてら寺院 安養寺の松島靖朗住職が自身のブログで紹介していた新聞記事が心に残りました。

NHKドラマ『あさが来た』でディーン・フジオカさんが演じていた五代友厚の妻、豊子さんのご実家先祖代々のお墓が安養寺にあります。

ドラマの放送以来、舞台の裏側を地元の新聞記者さんが色々と調べてくれていたそうですが、興味深い発見があり新聞にて紹介されました。

曰く、豊子さんの実家である萱野家は赤穂藩浅野氏の家臣、萱野三平(重実)の血を引く家系。豊子さんの兄である、萱野茂さんは天誅組の変で幕吏に追われる身となりました。
兄が逃亡中、豊子さんは弟達と安養寺の床下に匿われていたそうです。「床下で寒さに震える」豊子さん達にお寺の人が「おにぎり」を分け与えていたらしい、ということがわかったのです。

時は流れて平成、現在の住職 松島靖朗さんは『おてらおやつクラブ』の活動の発起人。お寺にお供えされる様々な「おそなえ」を、仏様の「おさがり」として頂戴し、子どもを支援する団体の協力のもと、経済的に困難な状態にある家庭へ「おすそわけ」する活動です。

豊子さん達が安養寺の床下に隠れて食べたおにぎりも、お仏飯のおすそわけだったのかも知れません。
今、安養寺に発見された、おすそわけの歴史・ご縁に胸が熱くなりました。

『おてらおやつクラブ』の活動は2018年5月現在、836寺院・352団体に広がり、おやつを待つ子どもたちが9,000人にものぼります。まいてら読者のみなさんも、是非この活動について知っていただきたいと思います。

【関連リンク】
おてらおやつクラブに関するまいてら新聞の記事
おてらおやつクラブの活動に取り組んでいる まいてら寺院
おてらおやつクラブホームページ

お寺画像
奈良県磯城郡
法性山 専求院 安養寺
なむあみだぶつのお寺

寺院ページを見る

シェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
遠藤卓也

遠藤卓也

立教大学卒。2003年に『お寺の音楽会 誰そ彼』を立ち上げ、主催・運営。IT企業に勤務した後、2012年より未来の住職塾事務局を担当。現在は一般社団法人お寺の未来にて、まいてら編集長を務める他、お寺のHP・パンフレット制作や『お寺の広報セミナー』講師として活動する。

他にこのような記事も読まれています

まいてらだより

お寺・お坊さん・仏教の情報が盛りだくさんのメールマガジン

寺院関係 その他
TOPへ戻る

『安心のお寺』マーク

『安心のお寺』マークは、
「安心のお寺10ヶ条」に基づく審査を
クリアした寺院に付与されるマークです。