夫れ仏法遥かに非ず 心中にして即ち近し ‐ 最明寺 住職 加藤宥教さん (神奈川県足柄上郡)

2016.07.19

シェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

kotoba_saimyouji_kato_1300

書:加藤宥教

仏さまは思っているよりもずっと近くにいる

加藤 宥教 (かとうゆうきょう)

1978年福岡県生まれ。九州大学工学部卒。自動車メーカー在籍時はV6エンジンの開発を担当。在家の身であったが結婚を機に出家。スパナを数珠に持ち替えて修行。2011年より最明寺住職。「こころが豊かになるお寺」をモットーに、「お寺の活性化」、「時代にあった供養」に取り組んでいる。

まいてら新聞読者のみなさん、はじめまして。神奈川県足柄郡大井町の真言宗・最明寺住職の加藤宥教と申します。今回は弘法大師・空海さまのおことばをご紹介します。

仏法遥ぶっぽうはるかにあら心中しんちゅうにして即ち近し (『般若心経秘鍵はんにゃしんぎょうひけん』)

ざっくりとお伝えしますと、「仏さまはそんなに遠くにはいないよ」「思っているよりもずっと近くにいるんだよ」といった意味になります。なんだかびっくりしてしまうようなことばですよね。私もはじめて聞いたときにはかなり驚きました。

最初は半信半疑だったけれど……

一般家庭で育ち、結婚を機に仏門に入った私は、仏教のことをほとんどなにも知らないまま、本山での修行生活をはじめました。それまでは、仏さまというのは、自分とはまったくかけはなれたところにいらっしゃる、触れることもかなわない存在なんだと思い込んでいたんです。でも、真言宗では、この世のすべては大日如来(※1)の化身である、と教えるんですね。つまり、いまここにある自分をも含めたすべてが、そのままの姿ですでに仏さまなんだ、ということです。

私も、それを最初から素直に納得できたわけではありませんでした。だけど、修行を終えて自分のお寺に戻ってきて、日々、慣れないながらも目の前のことに懸命に取り組んでいるうちに、ああ、こういうことなのか……と、しみじみと実感する瞬間が増えてきたんです。

※1 大日如来 宇宙の根本のエネルギーをあらわした如来。一切の現象は大日如来が姿を変えてあらわれたものとされる。

頭で考えるよりもとにかく実践!

具体的に言うと、目に見えないものをありありと感じ取っている自分の心に気づくとき、確かにこの心は仏さまそのものだな、と感じるんですね。たとえば、ひとつの花を見て「うつくしいな」と思ったとします。そのとき、私たちは、単に表面的な色やかたちだけを取り出して、綺麗だと感じているわけではないと思うんです。豊かな土壌と十分な日当たりがあって、必要なだけの水が与えられて、それをお世話する人がいて……。ひとつの花の背後にある、無数のドラマに感動させられるわけです。その深さ、豊かさを、理屈抜きに感じ取れる自分の心は、やっぱりそのまま仏さまだし、それを教えてくれた存在も、間違いなく仏さまだなあ、と。そんな風に思うんですね。

もともとすべての存在は仏さまです。それに気づける自分であるかどうか。問われているのは、究極的にはそこだけなのではないでしょうか。そのためには、なんであれ、いま自分のすべきことに心を込めて、丁寧にやっていく姿勢が大事です。頭でごちゃごちゃ考えるよりもまずは実践。そうやって耕された心でもって世界を眺め渡したとき、はじめて理解できることがあるんですね。

この世のすべてに仏さまの姿を感じながら生きていく―― これ以上に豊かな人生はありません。もちろん、常にそういう風に生きるのは難しいことです。でも、冒頭のお大師さまのことばを心に置いておくだけでも、ほんの少し、世界が変わって見えるかもしれませんよ。

お寺画像
神奈川県足柄上郡
如意山 最明寺
創建800年 北条時頼公ゆかりのお寺

寺院ページを見る

シェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
小出遥子

小出遥子

1984年生まれ。新潟県出身。早稲田大学第一文学部日本文学専修卒業。編集プロダクション、美術系専門図書館勤務を経て、現在はフリーランスの編集者・文筆家として、仏教系テキストを中心とした編集・執筆活動を行っている。いのちからはじまる対話の場「Temple」主宰。

facebook twitter Homepage

他にこのような記事も読まれています

お寺さがし

お寺でできること、色々あります。 あなたの目的にあったお寺を見つけよう

TOPへ戻る