メールマガジン

声なき声に耳を澄ます『へいわフォーラム2018』築地本願寺にて開催!

2018.08.20

シェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

浄土真宗本願寺派では、毎年9月18日に『千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要』を行ない、その前日となる9月17日に築地本願寺にて『へいわフォーラム』を開催いたします。このイベントに関するお知らせが、まいてら編集部に寄せられましたので、ご紹介させていただきます。

声なき声に耳を澄ます Listen to silent voices

浄土真宗本願寺派では、毎年9月18日に修行している千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要の前日を機縁に、平和について考える「へいわフォーラム」を築地本願寺において開催しております。
今年度の講師、小木戸利光さんは、俳優として数々の作品に出演し、ミュージシャンやエッセエイストとして活躍する一方で、戦争体験者の記憶の伝承を目的とした「戦後世代の語り部育成事業」に取り組むなど、平和問題に寄与する活動も展開している、今もっとも注目を集める異色のアーティストです。
「へいわフォーラム2018」では、小木戸さんのロシア連邦サハリン州での残留日本人の方々への聞き取りの旅について、その音声記録や写真資料などをもとにお話いただきます。今なお、多くのことが知られぬままの「サハリンの声なき声」に耳を澄ます機会となり、多くの人が共に平和について思いを巡らせることができますことを願っております。

講  師:小木戸 利光 氏
(アーティスト、Theatre for Peace and Conflict Resolution代表)
開催日時:2018年9月17日(月・祝) 13:30~16:00

タイムスケジュール:
13:30~14:00 お勤め 雅楽付 引き続き 教務所長挨拶
14:00~15:55 講演
15:55~16:00 閉会式

会  場:築地本願寺 本堂
アクセス:
 東京メトロ 日比谷線「築地」駅 出口1より徒歩約1分
 東京メトロ 有楽町線「新富町」駅 出口4より徒歩約5分
 都営地下鉄 浅草線「東銀座」駅 出口5より徒歩約5分
 都営地下鉄 大江戸線「築地市場」駅 出口A1より徒歩約5分
主  催 :浄土真宗本願寺派「御同朋の社会をめざす運動」東京教区委員会
申込方法:
 東京教区教務所HP申込フォームよりお申込ください。
お問合せ:03-3541-1666(東京教区教務所)

小木戸 利光 (こきど としみつ)

Theatre for Peace and Conflict Resolution (TPCR) 代表。イギリスノーザンブリア大学にて、演劇・パフォーマンスを専攻。アーティストとして、音楽、文芸、パフォーマンス作品を発表。俳優として、ドラマ、映画、舞台、ドキュメンタリー番組に出演。2017年、長崎の被曝2世の葛藤を描いたNHK「あんとき、」で主演。エッセイ集「表現と息をしている」(而立書房)を上梓する。 大学教授らと協同し、「Theatre for Peace and Conflict Resolution」というボディーワークや演劇的手法を用いたワークショップ型の授業を行う。国連SDGs(持続可能な開発目標)の「誰一人取り残さない」という理念への賛同を表明し、戦争体験者、被爆者、中国・サハリン残留日本人等の戦争の記憶の伝承を目的とした「戦後世代の語り部育成事業」に取り組んでおり、今春、ロシア連邦サハリン州へ渡航し、約20名の残留日本人関係者等への30時間に及ぶ聞き取りを実施。国内外での取材記録をもとに、「次世代の語り部」として、講座、講演活動を行う。

仏教の精神に基づく社会への貢献

浄土真宗では、自他ともに心豊かに生きていくことのできる社会の実現に努めたいと考えています。修行や善行功徳を積めるごく一部の人だけでなく、あらゆる世界に生きるすべてのいのちあるものが、阿弥陀如来のはたらきによって分け隔てなく救われていくという教えをいただいているからです。そのため、平和や貧困など様々な世界の課題にも取り組んでいます。国連が掲げるSDGsとも連携しています。

東洋、西洋、日本が仏教のもとに融合するワンダーランド・築地本願寺

近代日本の建築家を代表する伊東忠太による、古代インド様式をモチーフとしたユニークな建築でも知られる築地本願寺。本堂は伝統的な浄土真宗様式による内陣、そして2,000本のパイプで作られたパイプオルガンがあることをご存知ですか?他にも、牛・馬・獅子・象・孔雀・青龍・朱雀など、各所に配された動物たちや美しいステンドグラスなど、見どころたっぷり。
今回のフォーラムでは僧侶による雅楽演奏を含む法要も体験いただけます。

第38回 千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要のご案内

「千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要」は、宗門として、悲惨な戦争を再び繰り返してはならないという平和への決意を確認するため、毎年9月18日に、東京・国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑において修行いたしております。皆様お誘い合わせのうえ、どうぞご参拝ください。

日  時:2018年9月18日(火) 12:45~14:15 (11:00開場)
場  所:国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑 (東京都千代田区三番町2)

シェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
まいてら 編集部

まいてら 編集部

まいてら編集部は、まいてらの運営メンバーで構成されています。会いたくなるお坊さんの人柄、 行ってみたくなるお寺、 学んでみたくなる仏教の智慧。あなたの生活をちょっぴり豊かにする、 そんな情報をお届けします。

他にこのような記事も読まれています

まいてらだより

お寺・お坊さん・仏教の情報が盛りだくさんのメールマガジン

寺院関係 その他
TOPへ戻る

『安心のお寺』マーク

『安心のお寺』マークは、
「安心のお寺10ヶ条」に基づく審査を
クリアした寺院に付与されるマークです。