お寺のある生活をおくるための

まいてらカレンダー

mytera calendar

【全4回】まなびのカフェ~子どもと食を巡る四方山話(ヨモヤマバナシ)第4回

2017年12月13日(水)|應典院2階 気づきの広場 (大蓮寺隣接)

シェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

このたび10月上旬から4回にわたり、應典院気づきの広場にて、大阪大学大学院人間科学研究科との連携により「まなびのカフェ~子どもと食を巡る四方山話(ヨモヤマバナシ)」というシリーズ(全4回)を開催します。

専門家からのお話を交えながら、子どもと食の関わりについて考える企画です。

子どもの「食」について、「臨床心理学」「健康情報リテラシー」「化学物質過敏症」「セルフコントロール」の4つのお話を専門家からお伺いします。乳幼児の子ども連れのお母さん・お父さんの参加も大歓迎です!應典院の2階気づきの広場で行われるカフェ形式の学びの場。途中でお茶やお菓子をつまみながら、和気あいあいとした雰囲気の中で、「四方山話(ヨモヤマバナシ)」を是非ともお楽しみください。

第4回 12月13日(水) 清水真由子
がまんのマシュマロ!?~セルフコントロールから始まるいろんな力~

「マシュマロをすぐに1つもらう?それともがまんして後で2つもらう?」
マシュマロ・テストでは、こどものがまんする力=セルフコントロールを調べています。
セルフコントロールすることで、「今、ここ、自分」という世界からぬけだして、想像したり、他者の気持ちを理解することができます。
幼児期に大きく変化するセルフコントロール、そこから始まるいろんな力について考えます。

清水真由子プロフィール
大阪大学大学院 人間科学研究科
助教。同志社大学卒業後、大阪大学大学院人間科学研究科修了(博士:人間科学)。保育園や認定こども園において十年以上、こどもの社会性の発達に関する調査経験を行ってきました。二児の子育ての中では、自らのがまんする力を試されることもしばしばであります。

時間:10:30~12:00(全日程)*開場15分前より
申込みフォーム:https://goo.gl/forms/yGlr5HDDELE0ZWYf2
場所:浄土宗應典院2階 気づきの広場
参加費:各回 おとな 1人500円(乳幼児は無料)

主催:大阪大学大学院 人間科学研究科 附属
未来共創センター 共催:浄土宗應典院
協力:学校法人 蓮光学園パ ドマ幼稚園

参考リンクhttp://www.outenin.com/article/article-9250/


行事・イベント名まなびのカフェ~子どもと食を巡る四方山話(ヨモヤマバナシ)第4回
日程2017年12月13日(水)
時間10:30~12:00
場所應典院2階 気づきの広場 (大蓮寺隣接)
大阪府大阪市天王寺区下寺町1-1-27(地図)
参加費 1人500円(乳幼児は無料)
お申し込み方法申込みフォームより(リンク)
お問い合わせ先應典院(06-6771-7641)

お寺画像
大阪府大阪市天王寺区
如意珠應山 極楽院 大蓮寺
明日の供養を提案する なにわの名刹

寺院ページを見る

シェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
TOPへ戻る